体調不良や関節痛、治りにくい疾病の原因の一つに、慢性的な不良姿勢が挙げられます。

 

清水一雄 講師

一口に不良姿勢と言っても、職業からくる持続的な偏った姿勢や部分的酷使によるもの・
加齢によるもの・事故や障害の後遺症を原因とするものなど、小さな偏りが長期間積み重なって
その人固有の姿勢が形成されます。

健康寿命を延ばすには本来の生理的姿勢に戻す事が必要です。脊椎や関節のアライメント
(整合性)を、本来の形に戻す、方法の一つに変形徒手矯正術があります。

 

健康を全身の良好なバランスと捉え、アンバランスに緊張して関節接合面の均一加重を歪め
ているインナーマッスルを緩めることは、関節可動域改善や関節痛の有効な治療方法になります。

各関節部のインナーマッスルを形成する、幾つかの筋肉の収縮状況を見極め、無理なく緊張を
解くには、繊細な手技と患者の身体の声を聴く姿勢が必須になります。

皆様の一部には、通常のマッサージや指圧の手技をしながら、変形徒手矯正術を保険で請求する
事に対し、スッキリしない感情を持っていませんか。胸を張って変形徒手矯正術を請求したいと思いませんか。

知っている事と出来る事の違いは経験の量からくる技術巧拙の問題ですが、知らない事は絶対に出来ません。
共に学び患者さんに選ばれる施術家になりませんか。ご参加をお待ちしています。
※参加希望者は事務局まで、電話かFAXでお願い致します。

渋谷区代々木2-39-7 一般社団法人鍼灸マッサージ師会

☎03-3299-5276    FAX 03-3299-5275 平日9:00から17:00

開催日:H29年7月30日(日)
時間: 13:00~16:30
場所:千駄ヶ谷社会教育会館(和室)
中央総武線千駄ヶ谷駅から徒歩8分
参加費:会員1000円   非会員3000円