ストレッチで行える腰痛の治し方とは?

腰痛を改善するためには、セルフケアも大切です。腰痛を治すセルフケアでおすすめなのが、
自分でも簡単にできるストレッチです。

そこで今回は、簡単なストレッチを3つご紹介します。

1.反り腰を治して、腰の動きをよくする

腰痛改善ストレッチ腰痛がなかなか治らない人の中には、腰が反って腰に負担が大きくなっている
姿勢の方がたくさんいます。反り腰に効果的なのが、骨盤と太ももを繋ぐ腸骨筋をほぐすストレッ
チです。腸骨筋がほぐれることで、股関節の動きがよくなり、腰の負担を減らすことができるんですよ。

方法は以下の通りです。
・右膝を立てて左膝を床につき、片膝立ちをします。
・このとき、膝と太ももの角度、
股関節の角度がすべて90度になるようにします。
・体はできるだけ足が一直線上になるようにします。

・右膝に右手をのせ、左手の平は左肩の後ろに当てて、左肘を耳の高さまで持ち上げます。

・この状態から息を吐きながらおへそを凹ませ、上半身を後ろに反らして7秒キープしましょう。

・反対側も同様に行ってください。


2. 骨盤の歪みを改善する

寝たままストレッチ腰痛の原因の1つに骨盤の歪みが挙げられます。そこで寝たまま簡単にできる
骨盤の歪み改善ストレッチをご紹介します。

方法は以下の通りです。
・仰向けで寝転がります。
・両方の足裏が体の中心に
くるように、膝を曲げて足裏を合わせてください。
・腰が痛いときは、できる範囲で大丈夫です。
・足裏を合わせた状態のまま、顔を右に向け右膝を真上に上げ、左膝を真下に下げます。

・足裏がズレないように注意しながら、3秒キープします。
・逆側も同様に行いましょう。


3. 背骨をほぐして腰痛を改善するストレッチ

背骨が緊張して固まると、体が歪んで腰の負担が大きくなり、腰痛の原因になります。
最後に、背骨をほぐして腰痛を改善するストレッチをご紹介します。方法は以下の通
りです。

・うつぶせになって寝ます。
・両腕を肩の高さまで上げ、手の位置が耳の横にくるように肘を曲げます。

・足は力を抜いて伸ばしてください。
・この状態から顔を右に向けて、左肘が上になるように上半身を下に動かし
、同時に右膝曲げて右肘に近付けるように上に動かします。
・膝を上に動かすときは足だけ動かすのではなく、
背中とお尻を使って押し上げるように動かしてください。
・逆側も同様に行います。


いかがでしたか?
腰痛を治すためには、股関節の硬さや体の歪みを改善することが大切です。そのために有効なのが、
ストレッチです。痛みを悪化させない程度に無理をせずにストレッチを取り入れてみてくださいね。

関連記事はこちらから