女性の腰が痛い症状は婦人科の病気が関係!

このホームページにたどり着いたあなたを始め、腰痛に悩む日本人の数は、約1000万人います。
つまり、約10人に1人が腰痛持ちである。また腰痛を経験した人は9割もいると言われています。
またその中でも女性の腰痛持ちは男性の約1.5倍も存在しています。

女性の場合はご存知のように婦人科があるほど内臓は複雑です。おまけに女性特有の生理、妊娠、
更年期などがありいつ腰痛になってもおかしくありません。

あまりに激しい腰痛の場合、まず整形外科を受診します。そこで結果が思わしくない時は迷わず
婦人科を受診しましょう。

子宮筋腫、卵巣脳腫、生理不順、妊娠、更年期障害など腰痛の原因は数多くあります。ただ原因が
判明してもおいそれと腰痛は改善しません。医師の治療を受けながら、マッサージ指圧、温熱療法
が効果があります。特に婦人科は仙骨と冷え症がポイントです。

仙骨のツボ指圧、腰,仙骨周辺に温熱療法を行うことで女性の腰痛も改善されます。

関連記事はこちらから