腰の脊柱管狭窄症で悩んでいる方、もう何年も治療されていますね?

 

症状は一進一退で少しずつ悪くなっていませんか?もしかしたら手術の対象になっていませんか?

せっかくここまでたどり着いた「あなた様!」ここで少しマッサージ指圧治療に目を向けてみませんか!

西洋医学の大病院で各種検査を受けて、最新の治療を受けてきた「あなた様」はマッサージや指圧など

考えても見たことがないでしょうね。

 

(下記、h29年現在、昭和2年生まれの90才、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などで治療中
治療前の背中写真)

はっきり申し上げますが、脊柱管狭窄症にマッサージ指圧は大変効果があります。だだし手術が必要な

脊柱管狭窄症がマッサージ指圧にかかったからといっても、おいそれと完治する訳ではありません。

しかし腰、身体の状態は確実に楽になります。楽になればそれを継続することで日常生活が楽に過ご

せるようになります。だだし完治する訳ではないので継続して治療が必要になります。

ここで問題になるのが治療費のことです。ご存知のようにマッサージ指圧は健康保険が効きません。

継続治療するだけのお金が続かない。そういう金銭の負担が大変で治療を受けない方もたくさんいると思います。

現在は主治医の「マッサージ同意書」記入で健康保険の対象になります。往診もできます。金銭負担が軽くなり

ますので継続してマッサージ指圧を受けられます。

しかしマッサージの経験ない方は怖いイメージがあり簡単にはマッサージを受ける気には成らないでしょう。

ベテランのマッサージ指圧師ならどんな高齢者でも安心してかかることが出来ます。(それがプロ)

一度体験してみてはいかがでしょうか。

(下記、治療後の写真、脊柱管狭窄症が治るわけではありませんが、
背骨が伸びて症状が楽になっています。少し治療を休むと元に
戻ります。)