ぎっくり腰になったら病院はすぐに受診した方がいいの?

ぎっくり腰になったとき、「急いで病院を受診しなければ」と慌てる方もいますよね。
症状にもよりますが、
ぎっくり腰では慌てて病院を受診する必要はありません。
病院を受診するとメリットもありますが、
デメリットもあるんですよ。
そこで今回は、ぎっくり腰で病院を受診するメリットとデメリットについてお伝えします。



1. メリット 別の病気の可能性を調べることができる

ぎっくり腰になったからといって、必ずしも腰に異常があるわけではないんですよ。
骨の変形や骨折、内臓の病気が原因になっていることもあります。

病院を受診すると通常であれば、検査を受けることになります。

別の病気の可能性を調べるという点では、病院を受診することは大切です。
特に痺れなど他の症状を伴う場合は、病院の受診をおすすめします。

続きはこちらから