高齢者の腰痛とは、加齢による背骨の変形が原因で起こる。

 

高齢者の腰痛の多くは、加齢にともなう骨や軟骨、椎間板の変化によって起こります。また、長年続けて
きた姿勢や生活習慣の蓄積によって、少しずつ関節が変形していくことでも起こります。


骨の老化によって起こる腰痛に多いのは「へんけいの腰痛」。これは、年をとることによる、こしの変化によって
起こるびょうきです。椎間板の変化から関節やじんたい組織にも変性が現れ、その結果、腰の筋肉などに痛みが起こる現象です。

また、下肢のしびれや痛みをともなう「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」
も多く見られます。
これは、脊椎の中にある「脊柱管」が加齢にともない狭くなることで起こる疾患です。脊柱管の中には
神経が通っているので、狭まると神経が圧迫されて腰痛や下肢のしびれなどの症状が引き起こされます。

下の写真は脊柱管狭窄症の患者さん

治療後の写真、背骨が伸びているのがわかる。
そして辛い腰痛も楽になっています。

(週2回の訪問マッサージです}