腰が痛い時は内臓の病気とおおいに関係あります。

しかし腰が痛ければすべて内臓の病気という訳ではありません。今回は腰に椎間板ヘルニアや
脊柱管狭窄症などの病気がない場合、東洋医学的な観点から説明いたします。

腎臓関係:東洋医学では昔から腰が腎臓に関係あると言われています。腎臓はご存知のように尿を作っ
たり、血液をろ過して老廃物を排出する臓器です。症状としては腰が重い、だるい、足もだるい

ふくらはぎが痛い、腰が冷える、足も浮腫むなどの症状があります。ただ病院の検査では異常ない
場合もありますのでそういう時は、マッサージ指圧、温熱療法は大変効果的です。

 

大腸関係:大腸はご存知のように便をつくる臓器です。これが弱ってくると便秘や下痢症状がおきや
すくなります。そして腰の腰椎周辺の筋肉が固くなってきます。特に大腸がんなどの病気がない場合
は指圧、マッサージ、温熱療法は大変効果的です。

婦人科、泌尿器系:この臓器が弱ってくると骨盤に影響が出ます。骨盤の仙腸関節に異常がでます。
前にかがむと痛みが発生したりします。また座骨神経痛なども発生しやすくなります。この場合も
指圧マッサージや仙骨に温熱機をあてて熱を注入すると大変効果的です。

大腸関係:大腸はご存知のように便をつくる臓器です。これが弱ってくると便秘や下痢症状がおき
やすくなります。そして腰の腰椎周辺の筋肉が固くなってきます。特に大腸がんなどの病気がない
場合は指圧、マッサージ、温熱療法は大変効果的です。

婦人科、泌尿器系:この臓器が弱ってくると骨盤に影響が出ます。骨盤の仙腸関節に異常がでます。
前にかがむと痛みが発生したりします。また座骨神経痛なども発生しやすくなります。この場合も
指圧マッサージや仙骨に温熱機をあてて熱を注入すると大変効果的です。