アトピーの原因になるのはどんな食事なの?

 

アトピーを改善するためには、根本的な体質の改善が重要です。
特に、体を作る食事はアトピーを悪化させる原因にもなりますし

アトピーを改善する手助けにもなります。まずは、アトピーに悪い
食事を改善することが大切です。
そこで今回は、アトピーの
原因になる食事についてお伝えします。


1. アトピー 肉類などの動物性タンパク質

 

欧米食に多い動物性タンパク質は、アトピーを悪化させる原因になります。
肉などの動物性のタンパク質は、消化しにくいという特徴があります。

未消化の動物性タンパク質は、最大の免疫器官である腸内環境を悪化させ、
体全体のバリア機能に異常をもたらします。

また、タンパク質そのものはアレルゲンとなりやすいため、直接的にも
アトピーを悪化させる原因にもなるんですよ。


2. アトピー 牛乳

 

牛乳も動物性タンパク質の一種なので、消化不良を起こしたり、
アレルゲンとなる可能性があります。特に日本人は牛乳に含ま
れている乳糖を分解できない人が多いため、腸に負担をかけや
すいのです。

がぶ飲みして、大量に摂りやすいのも牛乳の危険な側面です。


3. アトピー コンビニ食やファストフード

 

コンビニ食やファストフードは時間がないときはとても便利ですが、
アトピーにはよくありません。アトピーの原因になる食事の特徴と
して、栄養の偏りが挙げられます。

コンビニ食やファストフードは、カロリーや脂肪分、糖分ばかりが
多く、ビタミンやミネラルなど代謝に必要な栄養素が抜け落ちています。
現代版の栄養失調を起こして、アトピーを悪化させてしまうんですよ。


4. アトピー 甘いもの


甘いものに含まれている白砂糖は、アトピーを悪化させる原因になります。
白砂糖には、ビタミンやミネラルなどの栄養素がほとんど入っていないどころか、

食べると皮膚を健康に保つビタミンB群が減ってしまいます。また、砂糖には依存性
もあるため、食べれば食べるほど砂糖
の過食に繋がります。

砂糖を大量に食べることで、栄養のバランスが崩れてアトピーが悪化
してしまうのです。



5. アトピー オメガ6系の油(サラダ油)

 

アトピーの原因として特に注意してほしいのが、油の質です。サラダ油
などに多いオメガ6系の油は、体の中で炎症を引き起こす物質を増やして
しまいます。

さらに、オメガ6は細胞膜を弱くして有害物質が細胞の中に
入りやすくなったり、血流を悪化させたりする原因にもなります。

 


いかがでしたか?オメガ6などの油をたくさん摂ると、細胞のバリア
機能が
低下してアトピーが悪化してしまいます。また、栄養の偏った
食事や腸に
負担をかける食事もアトピーにはよくありません。

アトピーが悪化した際は、一度食事の内容を見直してみてくださいね