アトピー悪化の原因であるダニを退治する方法とは?

 

アトピー性皮膚炎の方は、アレルゲンを遠ざける対策が必要です。
中でも多くの方のアレルゲンとなっているのが、ダニです。

そこで今回は、アトピーの原因であるダニの退治方法につい
てお伝えします。


1. アトピー ダニ 布団乾燥機で50度以上に加熱する

 

ダニは、50度以上で加熱すると20~30分で死滅し、60度以上加熱すると
一瞬で死にます。
つまり、ダニをやっつけるためには、まずは加熱してダニ
を殺すことが効果的なんですよ。

ダニが一番多い場所は、布団などの寝具です。寝具を加熱するためには、
布団乾燥機がお
すすめです。加熱するペースは3ヶ月に1回程度が目安です。


2. アトピー ダニ 衣類乾燥機で加熱する

 

団乾燥機以外で、ダニの加熱退治に効果のある方法が、衣類乾燥機です。
衣類乾燥機は熱風で服などを乾燥させるため、ダニも退治できるのです。

衣類乾燥機や布団乾燥機が家にないという方も多いですよね。そのような方は、
コインランドリーを利用するといいでしょう。

コインランドリーには、毛布や布団も乾燥できる大きめの乾燥機もあるので、
とても便利ですよ。



3. アトピー ダニ 加熱後は掃除機をかける

 

ダニ退治では、加熱するだけでは不十分です。加熱後には必ず掃除機をかける
ようにしましょう。

アトピーの原因になるのは、生きているダニだけではなく、ダニのフンや死骸
もアレルゲンにな
ります。特にフンはダニの数よりも多いため、対策が必要です。

そこで活躍するのが、掃除機です。1m2あたり20秒かけてゆっくりと隅から隅
まで掃除機をかけましょう。
それとは別に部屋の掃除機がけは毎日行い、寝具は
週に1回掃除機をかけるといいですよ。


4. アトピー ダニ こまめに換気をする

 

ダニは、25度前後の温度と70%前後の湿度を好んで繁殖します。そのため、
ダニを増やさないた
めには、こまめに換気して部屋の中に湿気と熱がこもら
ないようにすることも大切です。

ダニを減らす換気時間の目安は、10時間程度です。


5. アトピー ダニ 冷房や除湿機能を上手に使う

 

花粉症の季節は、窓を開けて換気すると花粉が入るので注意が必要です。
また、雨の日や梅雨の時期はどうしても湿気が高くなります。

そんなときは、エアコンの冷房または除湿機能を使うと、部屋の湿気対策ができます。
ただし、体の冷えはアトピー悪化の原因になるので、冷房するときは寒さ対策をしてくださいね。

 

いかがでしたか?
アトピー悪化の原因になるダニは、加熱と掃除機がけを組み合わせることで、
効率よく退治できます。また、ダニを増やさないためにも、湿度などの室内環境に気を配るこ
とも忘れないでくださいね。