アトピーの方にとって菓子パンはとっても危険な食品です。

 

アトピーの方は食べるものに注意しなければなりません。中でも菓子パンはアトピーを
悪化させてしまう可能性が非常に高いんですよ。

そこで今回は、菓子パンがどうしてアトピーに良くないのか、その理由についてお伝えします。

 

1. アトピー菓子パン アレルゲンがたくさん入っている

 

アトピーケアでは、アレルギー反応を引き起こすアレルゲンを
体内に取り入れないことが大切です。

菓子パンにはなんと、5大アレルゲンとも呼ばれており、厚生労
働省からも表示が義務化されている、小麦と卵が入っています。

アレルゲンがたくさん入っている菓子パンはアトピーの方にとっ
て、とても危険な食品なのです。

 

2. アトピー菓子パン ミネラルとビタミンB群を大量に消費する

 

菓子パンには、白砂糖が大量に入っています。実は、白砂糖は体内の
ミネラルやビタミンを大量に
消費してしまうんですよ。

菓子パンを食べて、ミネラルやビタミンが少なくなると、代謝がうま
く機能しなくなり、肌のバリア機能が低下してしまいます。
特に、菓
子パンの
白砂糖は肌を健康に保つ働きを持っているビタミンB群を減ら
してアトピーを悪化させるんですよ。

 

3. アトピー菓子パン 腸内環境が悪化する

 

菓子パンに含まれている白砂糖は、腸の中にいる悪玉菌のエサになります。
すると、腸内環境が悪化して、消化不良を起こし、体の中にはアレルゲン
が溜まってしまいます。

さらに、小麦に含まれているグルテンは、グルテン過敏症を起こして腸の
機能を低下させる
可能性があります。腸は、体の中で最大の免疫器官でも
あるので、腸が悪くなることで、
アレルギーも悪化してしまうんですよ。

 

4. アトピー菓子パン 細胞膜が脆弱になる

 

菓子パンを作るときに使われるショートニングやマーガリンにはトランス
脂肪酸と
呼ばれる悪い油が含まれています。トランス脂肪酸は、細胞膜を
脆弱にして、細胞内
に容易に有害物質が入れるようにしてしまいます。
また、トランス脂肪酸は、動脈硬化を悪化させて血流を阻害してしまいます。

 

5. アトピー菓子パン トランス脂肪酸で炎症が悪化する

菓子パンに含まれるトランス脂肪酸をたくさん摂っている人は、体内で炎症を
起こす物質
が多くなると報告されています。つまり、菓子パンを食べれば食べ
るほど、体のあち
こちで炎症が起きてアトピーが悪化してしまうのです。

いかがでしたか? 

菓子パンは美味しくて手軽に食べられます。しかし、菓子パンには小麦と卵を
はじめ、白砂糖や
トランス脂肪酸などアトピーに悪い物質がたっぷりと含まれ
ています。
アトピー改善のためにも、菓子パンはできるだけ避けるようにして
くださいね。