アトピーの食事に玄米は厳禁?!

 

健康にいい食事とイメージが強いのが、玄米です。

そのため、アトピー改善のために玄米を取り入れようと考えている方もいらっしゃいます。

しかし、玄米はアトピーにはよくありません。実は玄米にはアトピーを悪化させてしまう
デメリットがたくさんあるんですよ。

そこで今回は、アトピーの食事に玄米が良くない理由をお伝えします。



1. 玄米はアレルゲンになりやすい

 

玄米には、白米よりもたくさんのタンパク質が含まれています。
タンパク質は、アトピーを悪化させるアレルゲンになる物質です。
そのため、玄米を食べることでアレルギーがひどくなり、アトピー
が悪化する可能性があるんですよ。

 

2. 玄米は便秘を悪化させる可能性がある

 

便秘改善のために玄米を食べる方もいますが、実は玄米は便秘を悪化
させる可能性もあります。

玄米に多く含まれているのは、不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は、
便の量を増やして腸を刺激する働きがあります。

そのため、水分不足で便秘になっている方にとっては、より便が出にくく
なったり、腸が刺激されて腹痛を起こしてしまう可能性もあるんですよ。

特に便がコロコロしている方は玄米による便秘の悪化に要注意です。

 

3. 玄米は肌の健康に必要なミネラルに悪影響を与える

 

肌を健康に保つためには、ミネラルをバランスよく取り入れる
ことが大切です。
玄米にはフィチン酸という成分が含まれています。

実は、このフィチン酸はミネラルと結合して吸収を邪魔する働きが
あるのです。
そのため、玄米を食べることで、ミネラル不足が起き、
アトピーが悪化してしまう可能性もあるのです。

 

4. 玄米は代謝を低下させる原因にもなる

 

玄米は代謝を低下させる原因にもなります。玄米には、アブシジン
酸という成分も含まれ
ています。アブシジン酸は、細胞を元気に
するためのエネルギー工場であるミトコンドリア
を傷付けてしまう
と言われています。

つまり、玄米を食べることで細胞全体の元気がなくなり、アトピー
が悪化してしまうのです。

 

5. 玄米は消化不良を起こしやすい

 

玄米は、消化が悪い食事です。そのため、消化不良を起こしやすく、
胃腸に負担をかけ
しまいます。特に腸は免疫にとってとても大事な
場所ですので、腸に負担がかかること

でアトピーも悪化してしまうんですよ。

 

いかがでしたか?
健康によい食事がアトピーによいとは限りません。その代表的な存在が、
玄米です。玄米にはアトピーの方にとってあまりにもデメリットが大きい
ので、避ける
ことをおすすめします。